さながら夫婦のようにして

長く勤務できない理由はなにか?人間関係に嫌気が差して転職すると、転職癖がつくと言われています。数年のうちに安定できない人は看護師失格か?いや、できなければ派遣の道もあるのであきらめる必要はありません。しかし、人間関係をうまく渡っていけたら、何かとメリットは多いのではないでしょうか?看護師失格?のネタはこちら→http://isrse34.org

質の高い医療行為を患者に提供するために、看護師は医師と連携して看護業務をしていくことが往々にしてあると考えられます。医師の指示の下で看護を患者に捧げていく看護師は、その看護で患者が救われることを心から願っていることでしょうし、看護業務で最善を尽くした後に医師に全てを委ねて患者の様子を見守っていくのだろうと思うのです。

看護師と医師が並ぶと、まるで夫婦のように仲睦まじいとおっしゃる看護師がいらっしゃるのではないでしょうか。看護師は女房役として徹底的に医師をフォローしていき、医師が最適な医療行為ができるように看護業務をしていると考えられます。看護師と医師が力を合わせることで、患者の命を救うことにつながっていくはずだと信じている看護師は少なくないと思い、医師と協調意識を育んでいくことの大切さを実感しているのが窺えるのです。転職してしばらく経つと、医師の動きにも着いていけるようになります。信頼関係が深くなれば長く勤務できると思うのです。

病院に医師と看護師が居ることで、初めて最高の医療技術が生み出されていくと考えられる。互いが潜在意識を引き上げているように感じるし、患者を救い出したいという志を一つにして患者の命を救っていると考えられます。

医師と看護師が絆を作り出すことで、病院体質を変えていく程の影響力を生み出していくと考えられて、ひいては病院存続につながっていくと思うのです。看護師として働き続けるために、医師との人間関係も良好にしていくことは当然だと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>